Google
スポンサードリンク

パイオニアが新カーナビ 渋滞情報、受信地域5倍

パイオニアが新カーナビ 渋滞情報、受信地域5倍
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070510-00000020-fsi-ind&kz=ind
フジサンケイ ビジネスアイ


 パイオニアは9日、携帯電話を利用することで渋滞情報の受信地域を従来の5倍に広げる機能などを搭載したカーナビ「カロッツェリア」の新8機種を今月下旬から発売すると発表した。

 携帯電話を別売りのコネクターで接続すると、10〜20分ごとに交通情報を自動的に送受信する機能を搭載。道路上の発信器などを利用した従来システムの5倍となる全国約33万キロの道路で交通情報が受信できる。

 同時にデータ送信も行うため、搭載車の走行状況を使った詳細な渋滞情報の作成も可能だ。通信料は、情報量の多い都心で1カ月走行したケースで月約1100円程度という。

 また、移動端末向け地上デジタル放送「ワンセグ」に対応した3機種は、1秒間の画像数を増やすことで動きのある画像の円滑な表現を可能にした。

 価格は33万6000円〜21万円で、ワンセグ対応機は40万9500円〜34万6500円。8機種合計で月9万6000台の生産を予定する。

 同社によると、2007年の市販カーナビ市場は約145万台で前年比約2%の微増にとどまり、販売単価も下落している。

 波江野章常務は、「機械だけでなくサービスを提供し、金額ベースで約4割のシェアは堅持していく」と語った。
| 日記

NHKアナ、強制わいせつで逮捕…路上で女性の胸触る

NHKアナ、強制わいせつで逮捕…路上で女性の胸触る
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070509-00000504-yom-soci&kz=soci
読売新聞


 路上で通行人の女性に抱きつき、胸などを触ったとして、NHK放送総局のアナウンサー高橋徹容疑者(41)(東京都世田谷区若林)が、警視庁代々木署に強制わいせつの現行犯で逮捕されていたことがわかった。

 高橋容疑者は逮捕当時、足元がふらつくほど泥酔しており、調べに対し、「よく覚えていない」と供述しているという。

 同署によると、高橋容疑者は8日午後9時45分ごろ、渋谷区富ヶ谷の路上で、20歳代の女性会社員に背後から抱きつき、胸や下半身を触って立ち去ったところ、通行人からの110番で駆け付けた同署員に約100メートル離れた路上で取り押さえられた。

 高橋容疑者はこの日は休日で、昼ごろから職場近くの飲食店で友人と酒を飲んでいたという。
| 日記

栗本鉄工所 マグネシウム合金の接合技術、阪大と共同開発 摩擦熱を利用

栗本鉄工所 マグネシウム合金の接合技術、阪大と共同開発 摩擦熱を利用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070505-00000011-fsi-ind&kz=ind
フジサンケイ ビジネスアイ


 栗本鉄工所は、大阪大学接合科学研究所(大阪府吹田市)と共同で、高強度マグネシウム合金の接合技術を開発した。「摩擦撹拌(かくはん)接合」と呼ばれ、従来のレーザー溶接に比べて接合部の引っ張り強さを大幅に向上させた。来年度をめどに同接合技術で加工した高強度マグネシウム合金を鋳造メーカーなどに供給する方針だ。

 高強度マグネシウム合金はマグネシウムをベースにアルミニウムなどの非鉄金属で組成される特殊合金。軽量で高強度、制振性にも優れ、自動車や列車の車体部品の素材としての用途が期待されている。

 マグネシウム合金は超微細結晶粒で組成されるため、熱源が一点に集中する従来のレーザー溶接では結晶粒が熱によって膨張し、接合部の強度が弱くなる欠点があった。

 摩擦攪拌接合は、マグネシウム合金同士の境界に特殊金属製のピンを一定荷重で押し当て、ピンを回転させながら境界上を移動させるのがミソ。ピンの回転と移動で発生する摩擦熱を利用して結合する。

 ピンの回転速度や移動速度、荷重をコントロールすることで結晶粒の膨張を抑え、強度の強い接合ができるという。
| 日記

「為替」 低調な米雇用統計受けた利下げ観測にドル軟化119.90円、原油続落61ドル台/ニューヨーク外国為替市場概況

「為替」 低調な米雇用統計受けた利下げ観測にドル軟化119.90円、原油続落61ドル台/ニューヨーク外国為替市場概況

フィスコ


「低調な米雇用統計受けた利下げ観測にドル軟化119.90円、原油続落61ドル台」ニ
ューヨーク外為市場概況 2007年5月5日(土曜日)−株式会社フィスコ 平松京子/
片山 善博

[ニューヨーク外国為替市場概況]
*06:24JST 「低調な米雇用統計受けた利下げ観測にドル軟化119.90円、原油続落61ドル台」
【ロンドン市場概況】
 4日のロンドン外為市場では、米国の4月雇用統計の発表待ちムードが強く、取引
手控え気味となり、全体的に小動きの状態となった。ドル・円は120円25銭から120
円40銭で、ユーロ・円は163円00銭から163円27銭で、ユーロ・ドルは1.3546ドルか
ら1.3573ドルで、ポンド・ドルは1.9846ドルから1.9872ドルで、ドル・スイスは
1.2140フランから1.2160フランで取引された。
【経済指標】
ユーロ圏・3月小売売上高:前月比+0.5%、前年比+2.6%(前月比予想+0.5%、2月
+0.3%、前年比予想+2.4%、2月+1.2%)
ユーロ圏・4月サービス部門PMI:57.0(予想57.6、3月57.4)
【金融政策】
スウェーデン中銀:政策金利据え置き(3.25%)
【要人発言】
特になし
【ニューヨーク市場寄付】
ドル・円:120円36銭、ユーロ・ドル:1.3562ドル、ユーロ・円:163円21銭、ポン
ド・ドル:1.9883ドル、ドル・スイス:1.2153フラン
【ニューヨーク市場概況】
 4日のニューヨーク外為市場では、ドル・円は予想を下回る米雇用統計を受けた米
利下げ観測の強まりに120円36銭から119円90銭まで下落したが、本邦筋などの買い
に下支えられて120円15銭前後に戻して引けた。
ユーロ・ドルは、米金利低下に伴い1.3554ドルから1.3611ドルまで上昇し、高値圏
1.3600ドル前後で取引を終えた。ユーロ・円はECB政府高官筋のタカ派発言などを受
けた欧日金利差拡大観測に163円05銭から163円42銭まで上昇。ポンド・ドルは

1.9864ドルから1.9943ドルまで上昇し、ドル・スイスは1.2165フランから1.2100フ
ランまで下落した。
【FF先物米金利変更織り込み率】
6月までの利下げ確率:2%←6%
9月までの利下げ確率:24%←20%
年内の利下げ確率:88%←74%
【原油市場】
原油相場は5日続落し、4/19以来初めて61ドル台をつけた。中国北東部において同国
の過去半世紀で最大規模となる油田が発見されたとのニュースが売り材料となり、
終始軟調に推移した。なお、ブルームバーグ社によれば、発見された大規模油田の
確認原油埋蔵量は4億500万トン、推定埋蔵量は原油換算で10億2000万トン相当に上
るという。NY原油先物価格は一時61.60ドルまで続落し、安値圏61.93ドル(前日比-
1.26ドル、-1.9%)で取引を終えた。なお、今週の原油価格の騰落率は-6.8%とな
った。
【株式市場概況】
NY株式市場は上昇。朝方発表された4月の雇用統計で非農業部門雇用者数が予想を
下回る8万8000人となり長期金利が低下したことが好感された。また大型買収観測や
原油価格の低下も支援材料となり、終日堅調な展開となった。セクター別では、自
動車・自動車部品や半導体・同製造装置が上昇する一方で不動産や耐久消費財アパ
レルが軟調。ヤフー(YHOO)とマイクロソフト(MSFT)が合併交渉中と一部新聞が報
じたことでヤフーが大幅上昇。また金融情報のロイター(RTRSY)はファイナンシャ
ルタイムズ紙が買収の可能性を報じたことで27%の急騰となった。一方でイースト
マン・コダック(EK)は、決算で予想以上に損失が拡大し下落。またスターバックス
(SBUX)も決算が予想に一致するにとどまり軟調推移となった。ダウ構成銘柄では、
アルコア(AA)やヒューレット・パッカード(HPQ)が約2%の上昇となり指数を牽引
した。結局ダウは23.24ドル高の13264.62、ナスダックは6.69ポイント高の2572.15
で取引を終了した。ヤフーとマイクロソフトの交渉は、実際には買収ではなく提携
との見方がある。また買収交渉であったとしても、かなり初期の段階と見られてい
る。
【通貨オプション】
 オプション市場では、低調な雇用統計を受けてドル・円が下落したことから買い
が優勢となり、1週間物変動率は6.875%から7.225%へ上昇、期日物で1ヶ月物は
6.900%から6.800%へ低下するものの、3ヶ月物は6.875%から6.925%、6ヶ月物は
6.900%から6.925%、1年物は6.900%から6.950%へそれぞれ上昇した。
リスクリバーサルは、調整が継続しており、25デルタ円コール・ドルプット1ヶ月物
は+1.250%から1.200%へ縮小、3ヶ月物は+1.350%で昨日と同水準、6ヶ月物は
+1.425%から+1.475%へ拡大、1年物は1.575%で昨日と同水準で取引されている。
【経済指標】
米・4月雇用統計
非農業部門雇用者数:8.8万人(予想+10.0万人、3月+17.7万人←+18.0万人)
失業率:4.5%(予想4.5%、3月4.4%)
平均時間給:前月比+0.2%、前年比+3.7%(予想+0.3%、+3.9%、3月+0.3%、
+4.0%)
加・4月Ivey購買部協会指数:60.9(予想57.5、3月67.3)
メキシコ・4月消費者信頼感指数:106.3(予想106.0、3月106.5)
【要人発言】
ラジアー米大統領経済諮問委員会(CEA)委員長
「4.5%の失業率の米雇用市場は大変強く、44ヶ月の雇用拡大が継続している」
「非常にタイトな労働市場」
「住宅市場は明白に減速している。最悪期を脱したとは言えないが明るいニュース
もある」
ガイトナー・ニューヨーク連銀総裁(投票権有)
「米国外の成長は上昇傾向」
「外準のユーロへの移行に問題なし」
「新興国は変動相場制を取り入れるべき」
「アジアが地域内通貨創設の可能性は少ない」
メルシュ・ルクセンブルグ中銀総裁
「ECBは賃金上昇だけに注目しているわけでない」
「インフレリスクは中期的に上向き」
「経済指標はかなり楽観的な見通し裏づけ」
「インフレの一時的低下は終了した模様」
ドッジ・カナダ中銀総裁
「キャリー取引はリスク、一方的な取引は常に危険」
「為替介入については、再開する考えはない」
「通貨は必要である動きをする」
「企業は強いカナダドルを調整している」
【東京市場終値-ニューヨーク市場終値】
為替市場: (始値) (高値) (安値) (終値)
ドル・円 120.38 120.40 119.90 120.17
ユーロ・ドル 1.3547 1.3611 1.3546 1.3593
ユーロ・円 163.07 163.42 163.00 163.33
ドル・スイス 1.2161 1.2165 1.2100 1.2114
ポンド・ドル 1.9849 1.9943 1.9846 1.9921
株式市場:
NYダウ 13243.08 13284.53 13228.78 13264.62
ナスダック 2575.37 2577.96 2561.73 2572.15
債券市場: (始値) (終値)
米国債 2年物 4.692 4.671
米国債10年物 4.672 4.640
米国債30年物 4.838 4.806
先物市場:
NY金先物 685.9 693.0 685.6 689.7
NY原油先物 63.10 63.40 61.60 61.93
シカゴ日経平均先物 17580 17620 17580 17615
| 日記

「株式」 新日鉄(5401)−個別銘柄ショートコメント

「株式」 新日鉄(5401)−個別銘柄ショートコメント
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070502-00000011-fis-biz&kz=biz
フィスコ




*09:54JST <5401> 新日鉄 805 +8

続伸で25日線を突破してきている。均衡表では雲の中での推移であり、強弱感が対
立することころであるが、基準線レベルを捉えてきている。短期資金とみられる値
幅取り中心の売買と見られる。

| 日記

円、120円台前半〔NY外為〕(4日)

円、120円台前半〔NY外為〕(4日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070505-00000012-jij-brf&kz=brf
時事通信


 【ニューヨーク4日時事】週末4日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、4月の米雇用統計が軟調な内容となったことでドル売りが優勢となり、小幅上昇した。午後5時現在は1ドル=120円13―23銭と前日同時刻(120円39―49銭)比26銭の円高・ドル安。
 円は海外市場で120円台半ばまで軟化。ただ、朝方発表の雇用統計で非農業部門就業者数が予想を下回る伸びにとどまると、米国の景気減速懸念を受けた円買い・ドル売りの流れが強まり、119円90銭まで上昇した。その後はやや押し戻され、120円台前半で小動きに推移した。
 市場関係者は、雇用統計は弱かったものの、「来週のFOMC(連邦公開市場委員会)の見方を変えるほどの材料ではなかった」(邦銀)と指摘。FOMC(9日)、欧州中央銀行(ECB)定例理事会(10日)ともに金利を据え置くとみられていることから、為替相場は「静かな取引になるか、ゆっくりとした円安地合いが続く」(同)と予想した。
 ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.3587―3597ドル(前日午後5時は1.3545―3555ドル)、対円では同163円27―37銭(同163円13―23銭)。
| 日記

「為替」 予想上回る米ISM製造業指数受けてドル上昇119.87円、原油続落64.15ドル/ニューヨーク外国為替市場概況

「為替」 予想上回る米ISM製造業指数受けてドル上昇119.87円、原油続落64.15ドル/ニューヨーク外国為替市場概況
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070502-00000002-fis-brf&kz=brf
フィスコ


「予想上回る米ISM製造業指数受けてドル上昇119.87円、原油続落64.15ドル」ニュ
ーヨーク外為市場概況 2007年5月2日(水曜日)−株式会社フィスコ 平松京子/片
山 善博

[ニューヨーク外国為替市場概況]
*06:31JST 「予想上回る米ISM製造業指数受けてドル上昇119.87円、原油続落64.15ドル」
【ロンドン市場概況】
 1日のロンドン外為市場では、欧州の主要経済指標の発表や要人の講演・会見もな
いため、手掛かり材料難から取引手控え気味となり、全体的に小動きになった。ド
ル・円は119円50銭から119円65銭で、ユーロ・円は163円01銭から163円20銭で、ユ
ーロ・ドルは1.3632ドルから1.3648ドルで、ポンド・ドルは2.0003ドルから2.0050
ドルで、ドル・スイスは1.2072フランから1.2099フランで取引された。
【経済指標】
英・4月製造業PMI:53.9(予想54.0、3月54.2)
英・3月住宅価格(イングランド及びウェールズ地方):前月比+1.0%、前年比
+8.3%
【要人発言】
ブレア英首相
「来週自分の考えを明らかにする。最終的な見解となるだろう」
「私はいつもブラウン財務相は偉大に首相になると言ってきたし、そう信じてい
る」
ババジャン・トルコ国務相(経済担当)
「トルコの負債、為替や金利の影響を乗り越えることが可能」
英王立統計局
「外国企業による英国企業買収総額、第1四半期は前期の約3分の1に急減」
【ニューヨーク市場寄付】
ドル・円:119円59銭、ユーロ・ドル:1.3649ドル、ユーロ・円:163円25銭、ポン
ド・ドル:2.0050ドル、ドル・スイス:1.2087フラン
【ニューヨーク市場概況】
1日のニューヨーク外為市場では、ドル・円はシティバンクの日興コーディアル買収
絡みと噂される円買いなどに朝方119円07銭まで下落したが、06年5月来の高水準に
予想以上に上昇した米4月ISM製造業指数を受けた債券利回り上昇に伴い119円87銭ま
で反発し、ほぼ高値で引けた。

ユーロ・ドルは、ポンド高に連れて一旦1.3674ドルへ上昇後、強い米ISM指数を受け
たドル買いに1.3590ドルまで下落し、中銀筋の買いに支えられ1.3610ドル前後で引
けた。ユーロ・円はファンド筋の利食いに押され163円25銭から162円80銭まで下
落。ポンド・ドルは米系筋の買いに2.0074ドルへ上昇後1.9981ドルまで反落し、ド
ル・スイスは1.2052フランから1.2164フランまで上昇した。
【FF先物米金利変更織り込み率】
6月までの利下げ確率:8%で変わらず
9月までの利下げ確率:28%←36%
年内の利下げ確率:94%←100%
【原油市場】
原油相場は続落。米製油所の火災や故障のニュースが相次いで聞かれており、製油
所の稼働率低下によって2日発表予定の原油在庫が4ヶ月ぶりの高水準に増加すると
の観測を受けて売りが先行した。また、05年10月以来の最低水準に落ち込んでいる
ガソリン在庫が例年に倣って5月から増加に転じるとの思惑も売り材料となっていた
模様。NY原油先物価格は66.15ドル⇒64.15ドルまで最大3%下落し、安値圏64.40ド
ル(前日比-1.31ドル、-1.9%)で取引を終えた。
【株式市場概況】
 NY株式市場は上昇。昨夕から今朝にかけて冴えない企業決算が相次いだことが
嫌気され下落して始まった。しかし午後になって原油価格が下落に転じたことで上
昇に転じる展開となった。セクター別では、公益事業や商業サービス・用品が上昇
する一方で、不動産や家庭用品・パーソナル用品が軟調。家電小売のサーキットシ
ティ(CC)は決算で慎重な業績見通しを示し下落。アパレルのリズ・クレイボーン
(LIZ)や処方箋薬給付管理のメドコ(MHS)なども冴えない決算を発表して売られ
た。一方で新聞社のダウ・ジョーンズ(DJ)はニューズ・コープ(NWS)から買収提案
を受けて55%の急騰。またモトローラ(MOT)はアクティビスト投資家のカール・ア
イカン氏が新聞の一面広告で取締役選任などを訴える要望書を掲載したことで小幅
上昇した。ダウ構成銘柄では、決算が予想に一致するに留まったプロクター&ギャ
ンブル(PG)が下落。結局ダウは73.23ドル高の13136.14、ナスダックは6.44ポイン
ト高の2531.53で取引を終了した。ニューズ・コープ(NWS)によるダウ・ジョーンズ
(DJ)の買収は、労働組合や主要株主が早くも反対を表明しておりダウ・ジョーンズ
の取締役会の判断が注目されている。
【通貨オプション】
 オプション市場では、メーデーで欧州、アジア市場の多くが休場、日本もゴール
デンウィークの谷間で動意が乏しく、調整相場が続いている。1週間物変動率は、
7.175%から7.200%へ上昇、1ヶ月物は7.250%から7.200%へ低下、3ヶ月物は
7.175%から7.200%、6ヶ月物は7.075%から7.125%、1年物は7.050%から7.100%
へそれぞれ小幅上昇した。
リスクリバーサルも様子見気配強く、25デルタ円コール・ドルプット1ヶ月物は
+1.500%から+1.400%へ縮小、3ヶ月物は+1.500%、6ヶ月物は+1.575%でそれぞれ
昨日と同水準となっている。
【経済指標】
米・4月ISM製造業景気指数:54.7(予想51.0、3月50.9)
米・3月中古住宅販売成約件数:前月比-4.9%(予想+0.4%、2月+1.1%←+0.7%)
加・3月鉱工業製品価格:前月比+1.3%(予想+0.8%、2月+0.9%)
加・3月原料価格指数:前月比+1.3%(予想+1.5%、2月+2.5%←+2.6%)
【要人発言】
トルコ憲法裁
「大統領選挙投票を無効と判断」
尾身財務相
「為替水準に関して言及する立場でない」
「通貨はファンダメンタルズを反映すべき」
「市場が通貨価値を決定する」
「世界のファンダメンタルズは非常に良好」
「日本の金融状況は非常に深刻」
「日本の財政改善が出来る事に自信」
「日本は2010年半ばまでに対GDP比での債務縮小を図る」
「歳出の削減を図るために最善の努力を尽くす」
バーナンキ米FRB議長
「米国の保護主義には反対」
「雇用市場はかなり力強い」
「貿易赤字は低い米貯蓄率による」
「米実質金利は非常に低水準」
「米国の貯蓄率を上げるよう取り組むことが重要だ」
「国外の高い貯蓄が金利の押し下げ要因」
ドッジ・カナダ中銀総裁
「カナダドルは予想のレンジを上回る上昇をしている」
「アジア、中東通貨は更なる通貨の柔軟性、速やかな国内需要の拡大が必要」
「カナダは通貨に関して中国と綿密に行動する必要」
「カナダは2国間でなく、グローバル貿易に焦点を当てるべき」
「保護貿易主義は世界経済にとって危険」
「米国内需要は不均衡の縮小を加減する」
「世界の貯蓄、投資に不均衡が見られる」
「カナダドルの上昇はカナダの強い経済や商品価格の上昇を反映したもの」
「中国人民元には更なる柔軟性が必要」
「経済成長は1-2年で均衡」
「国内需要がカナダ経済拡大の主な牽引役」
「カナダ経済は柔軟性を強めた」
「高水準のエネルギー価格は生産を抑制」
【東京市場終値-ニューヨーク市場終値】
為替市場: (始値) (高値) (安値) (終値)
ドル・円 119.58 119.87 119.07 119.86
ユーロ・ドル 1.3635 1.3674 1.3590 1.3606
ユーロ・円 163.08 163.27 162.80 163.10
ドル・スイス 1.2099 1.2164 1.2052 1.2147
ポンド・ドル 2.0015 2.0074 1.9981 1.9984
株式市場:
NYダウ 13062.75 13137.76 13041.30 13136.14
ナスダック 2527.88 2532.37 2510.57 2531.53
債券市場: (始値) (終値)
米国債 2年物 4.591 4.628
米国債10年物 4.622 4.638
米国債30年物 4.813 4.816
先物市場:
NY金先物 679.3 679.4 674.7 677.3
NY原油先物 65.50 66.15 64.15 64.40
シカゴ日経平均先物 17325 17330 17230 17330
| 日記

セイコーエプソン 100万ページ印刷可能なプリンター

セイコーエプソン 100万ページ印刷可能なプリンター
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070502-00000019-fsi-ind&kz=ind
フジサンケイ ビジネスアイ


 セイコーエプソンは、耐久性が高いモノクロレーザープリンター「LP−S4000」の販売を開始した。6月下旬にはプリンタードライバーを介さずPDFファイルをプリントできる「同−S4000PS」もラインアップする。

 印刷する頻度が高い職場でも、100万ページまたは5年間の印刷が可能。印刷速度は毎分40枚と高速で、最大3300枚の大容量給紙による大量印刷に対応した。価格は「S4000」が21万8000円、「S4000PS」が28万8000円。今後1年間に1万台の販売を見込んでいる。 

 独自技術により印刷指令から出力までのトータル時間を高速化したほか、個人情報保護のためのセキュリティー印刷にも対応。印刷履歴の管理、不正コピーの抑止、認証印刷などの機能を搭載した。
| 日記

「株式」 決算嫌気も原油価格下落で上昇/海外市場動向

「株式」 決算嫌気も原油価格下落で上昇/海外市場動向
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070502-00000004-fis-biz&kz=biz
フィスコ


決算嫌気も原油価格下落で上昇/海外市場動向
2007年5月2日(水) 株式会社フィスコ 担当 村瀬 智一

[海外市場動向]
*07:30JST 決算嫌気も原油価格下落で上昇
「シカゴ日経平均先物(CME)」(1日)
JUN07
O 17290(Globex 合算)
H 17345
L 17230
C 17330 大証比+50
Vol 6033

「米国預託証券概況(ADR)」(1日)
シャープ、TDK、京セラ、HOYA、任天堂、三井住友、菱地所など東証比較(1
ドル119.87円換算)で全般しっかり
コード 銘柄名 終値 前日比 日本円換算価格 日本終値比
1928 (SKHSY) 積水ハウス 14.65 0.00 1756 -8
2503 (KNBWY) キリン 15.00 -0.05 1798 -3
3407 (AHKSY) 旭化成 70.95 0.30 850 9
4452 (KCRPY) 花王 275.00 1.40 3296 16
4523 (ESALY) エーザイ 46.75 -1.10 5604 -16
4901 (FUJI) 富士フイルム 41.73 0.84 5002 22
5108 (BRDCY) ブリヂストン 40.65 -0.30 2436 -4
5201 (ASGLY) 旭硝子 13.65 -0.15 1636 33
5401 (NISTY) 新日鉄 66.45 3.25 797 0

5405 (SMMLY) 住金 50.60 -0.85 607 5
5406 (KBSTY) 神戸鋼 17.65 0.05 423 5
6301 (KMTUY) コマツ 98.95 2.27 2965 30
6326 (KUB) クボタ 45.23 -2.57 1084 -17
6501 (HIT) 日立 76.06 0.12 912 3
6701 (NIPNY) NEC 5.34 0.00 640 6
6702 (FJTSY) 富士通 30.90 -0.55 741 8
6752 (MC) 松下 20.05 0.62 2403 3
6753 (SHCAY) シャープ 18.40 -0.05 2206 36
6758 (SNE) ソニー 52.83 -0.43 6333 13
6762 (TDK) TDK 85.07 -1.43 10197 57
6902 (DNZOY) デンソー 142.00 -1.20 4255 -25
6971 (KYO) 京セラ 96.79 -0.71 11602 52
7201 (NSANY) 日産自 20.34 0.18 1219 -1
7203 (TM) トヨタ 121.53 0.11 7284 14
7267 (HMC) ホンダ 34.13 -0.30 4091 21
7741 (HOCPY) HOYA 31.45 0.25 3770 50
7751 (CAJ) キヤノン 56.82 0.62 6811 31
7752 (RICOY) リコー 109.25 0.00 2619 -11
7912 (DNPCY) 大日印 31.55 -0.20 1891 -6
7974 (NTDOY) 任天堂 40.80 0.75 39126 326
8001 (ITOCY) 伊藤忠 99.10 -0.70 1188 -2
8031 (MITSY) 三井物 367.01 3.31 2200 20
8053 (SSUMY) 住友商 17.55 0.05 2104 29
8058 (MSBHY) 三菱商 43.20 0.15 2589 39
8267 (AONNY) イオン 18.15 -0.20 2176 -9
8306 (MTU) 三菱UFJ 10.48 0.03 1256238 6238
8316 (SMFJY) 三井住友 8.70 0.00 1042869 12869
8332 (BKJAY) 横浜銀 73.00 -1.50 875 -3
8403 (STBUY) 住友信 9.85 0.00 1181 15
8411 (MFG) みずほFG 12.05 -0.11 722217 2217
8591 (IX) オリックス 133.90 -1.38 32101 351
8601 (DSECY) 大和証G 116.25 4.25 1393 16
8603 (NIKOY) 日興CG 14.80 0.20 1774 27
8604 (NMR) 野村HD 19.37 0.11 2322 7
8752 (MTSQY) 三住海上 124.00 -2.00 1486 13
8766 (MLEA) ミレアHD 36.82 -0.13 4414 14
8802 (MITEY) 菱地所 311.00 -4.50 3728 48
9432 (NTT) NTT 24.83 -0.06 595342 3342
9437 (DCM) NTTドコモ 17.48 0.47 209533 533
9735 (SOMLY) セコム 90.75 -0.75 5439 59
(時価総額上位50位、1ドル119.87円換算)


「ADR上昇率上位5銘柄」(1日)
コード 銘柄名 終値 日本円換算価格 日本終値比 (%)
8263 (DAIEY) ダイエー 23.99 1438 38 2.71
6764 (SANYY) 三洋電 8.10 194 4 2.11
5201 (ASGLY) 旭硝子 13.65 1636 33 2.06
8252 (MAURY) 丸井 23.65 1417 24 1.72
6753 (SHCAY) シャープ 18.40 2206 36 1.66

「ADR下落率上位5銘柄」(1日)
コード 銘柄名 終値 日本円換算価格 日本終値比 (%)
8303 (SKLKY) 新生銀 8.46 507 -8 -1.55
6326 (KUB) クボタ 45.23 1084 -17 -1.54
6460 (SGAMY) セガサミーHD 5.85 2805 -30 -1.06
8515 (AIFLY) アイフル 6.30 3021 -29 -0.95
6723 (NELTY) NECエレ 11.95 2865 -20 -0.69


「米国株式市場概況」(1日)
NYDOW
終値:13136.14 前日比:73.23
始値:13062.75 高値:13137.76 安値:13041.30
年初来高値:12795.93 年初来安値:11939.61
前年最高値:12529.88 前年最安値:10661.15

Nasdaq
終値:2531.53 前日比:6.44
始値:2527.88 高値:2532.37 安値:2510.57
年初来高値:2531.42 年初来安値:2331.57
前年最高値:2470.95 前年最安値:2012.78

S&P500
終値:1486.30 前日比:3.93
始値:1483.00 高値:1487.27 安値:1476.70
年初来高値:1461.57 年初来安値:1363.98
前年最高値:1431.81 前年最安値:1219.29

米30年国債 4.815% 米10年国債 4.636%


NY株式市場は上昇。昨夕から今朝にかけて冴えない企業決算が相次いだことが嫌
気され下落して始まった。しかし午後になって原油価格が下落に転じたことで上昇
に転じる展開となった。セクター別では、公益事業や商業サービス・用品が上昇す
る一方で、不動産や家庭用品・パーソナル用品が軟調。家電小売のサーキットシテ
ィ(CC)は決算で慎重な業績見通しを示し下落。アパレルのリズ・クレイボーン(LIZ)
や処方箋薬給付管理のメドコ(MHS)なども冴えない決算を発表して売られた。一方で
新聞社のダウ・ジョーンズ(DJ)はニューズ・コープ(NWS)から買収提案を受けて55%
の急騰。またモトローラ(MOT)はアクティビスト投資家のカール・アイカン氏が新聞
の一面広告で取締役選任などを訴える要望書を掲載したことで小幅上昇した。ダウ
構成銘柄では、決算が予想に一致するに留まったプロクター&ギャンブル(PG)が下
落。結局ダウは73.23ドル高の13136.14、ナスダックは6.44ポイント高の2531.53で
取引を終了した。ニューズ・コープ(NWS)によるダウ・ジョーンズ(DJ)の買収は、労
働組合や主要株主が早くも反対を表明しておりダウ・ジョーンズの取締役会の判断
が注目されている。

| 日記

「牛丼ほぼ復活」で50円引き=吉野家が恩返しセール

「牛丼ほぼ復活」で50円引き=吉野家が恩返しセール
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070501-00000181-jij-biz&kz=biz
時事通信


*吉野家ディー・アンド・シー <9861> は1日、「牛丼ほぼ復活記念 吉野家の恩返しセール」として、10日から16日までの間、全国の店舗ですべての丼、定食、皿メニューの価格を50円引きで販売すると発表した。
| 日記

ガソリン上昇、130円台 店頭価格 連休の家計に出費増

ガソリン上昇、130円台 店頭価格 連休の家計に出費増
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070502-00000012-fsi-ind&kz=ind
フジサンケイ ビジネスアイ

ガソリンの店頭価格が上昇し始めた。原油高を受けて新日本石油など石油元売り大手が5月の卸値を大幅に値上げしたことなどから、首都圏や近畿圏では1日までに、レギュラーガソリン1リットル当たり数円程度値上げし、130円台前半の看板を掲げる給油所が目立ち始めた。大型連休の後半を控え、家計にとっては予想外の出費につながりそうだ。

 横浜市の観光地・金沢八景に近い新日石系列の「Dr.Drive八景店」では、4月23日からレギュラーガソリンを4円値上げし、133円とした。周辺の給油所でも軒並み131〜133円程度となっている。

 同店の加藤博マネジャーは、「収支が厳しく値上げしたが、(卸値引き上げを)店頭価格に反映仕切れてはいない。顧客は値段に敏感に反応するようになっており、簡単には上げられない」と苦しい胸の内を明かした。

 一方、同店を訪れた41歳の男性会社員は、「周りと比べ明らかに高いのでなければサービスで選んでいる」とあきらめ顔だった。
| 日記

続落=連休谷間で買い見送りムード〔東京株式〕(1日)

続落=連休谷間で買い見送りムード〔東京株式〕(1日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070501-00000034-jij-brf&kz=brf
時事通信


(第1部)大型連休の谷間で買い見送りムードが強まる中、先物の売りにつられて値を下げ、日経平均株価は前営業日比125円43銭安の1万7274円98銭、東証株価指数(TOPIX)は同7.75ポイント安の1693.25と、ともに続落した。
 アドバンテス、東エレク、ソニーの値がさハイテク株が安く、日立、東芝の電機株や、三菱重、川重の造船・重機株も下落した。王子紙、日本紙の紙・パルプ株や旭硝子、日電硝のガラス株が値を下げ、トヨタ、ホンダも小安い。みずほFG、三井住友の銀行株がさえず、三住海上、ミレアHDの保険株、三井不、菱地所の不動産株も売られた。武田、アステラスの薬品株、東電、北陸電の電力株も総じて軟調。半面、新日鉄、JFEが値を上げ、コスモ石油、国際帝石の石油関連株も堅調。アイフル、武富士の消費者金融株が買われ、大和証G、日興コーデもしっかり。出来高17億8802万株。
 (第2部)3日続伸。ニフティが上伸し、日精蝋、トウアバルGも堅調。マミヤオーピー、ユニオンHDがしっかり。半面、STECHXIV、ラオックス、ビケンテクノが軟調。プリヴェHD、日精機も下押した。出来高3120万株
 (外国株)堅調。出来高165万7300株。
| 日記

「株式」 松下電産(6752)−個別銘柄ショートコメント

「株式」 松下電産(6752)−個別銘柄ショートコメント
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070501-00000015-fis-biz&kz=biz

*10:36JST <6752> 松下電産 2400 +75

しっかり。先週末発表の決算内容に評価の動きが先行へ。今期営業利益は5000億円
で前期比8.8%増益見通し、インパクトは乏しいものの、為替の前提を1ドル=110
円、1ユーロ=143円で設定しているなど、保守的な計画になっているとの見方が強
いようだ。

(FISCO)
| 日記

「株式」 三菱重工(7011)−個別銘柄ショートコメント

「株式」 三菱重工(7011)−個別銘柄ショートコメント
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070501-00000029-fis-biz&kz=biz
*13:29JST <7011> 三菱重工 724 -18

さえない。先週末の取引時間中に発表した決算を受けて、利益確定の動きなどが集
まる形となっている模様。今期の慎重な業績見通しなどが利食い売りを誘う形とな
っているようだ。大和では投資判断を「2」から「3」に格下げ、今期業績計画は
最低線だが、一段の株価上昇には過去最高益達成可否などが焦点になると。

(FISCO)
| 日記

鹿島、シンガポールで438億円受注

鹿島、シンガポールで438億円受注
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070501-00000004-fsi-ind&kz=ind
フジサンケイ ビジネスアイ


 鹿島は、シンガポールで最大級となるオフィスビルの建設工事を現地企業と共同受注した。受注金額は438億円で、鹿島側の取り分は約7割となる。

 受注したのは「マリーナベイ金融センター」で、52階(243メートル)と32階(191メートル)のツインタワー構造の大型複合ビル。工期は07年9月から10年3月。完成後は金融機関などが入居する予定だ。
| 日記

東京株続落、125円安の1万7274円

東京株続落、125円安の1万7274円
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070501-00000511-yom-bus_all
読売新聞


 1日の東京株式市場では、日経平均株価(225種)は続落。前週末終値比125円43銭安の1万7274円98銭で大引けた。

 一方、東証株価指数(TOPIX)も7・75ポイント低い、1693・25と続落。

 東証第1部の出来高は約17億8000万株だった。
| 日記

反発〔ロンドン株式〕

反発〔ロンドン株式〕
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070501-00000009-jij-brf

時事通信


 【ロンドン30日時事】週末30日のロンドン株式市場の株価は、FT100種平均株価指数が前週末比30.5ポイント高の6449.2と反発した。
 前週末の下落の反動もあり朝方から押し目買いが広がり、FT100種は一時前週末比56.0ポイント高の6474.7まで上伸。その後は伸び悩みながらも高値でもみ合った。石油株などの上げが目立った。
 個別銘柄では、医薬のグラクソ・スミスクラインが9.00ペンス高、石油大手のBPが4.00ペンス高、銀行のバークレイズが2.00ペンス高。通信のBTが1.75ペンス高で、スーパー大手のテスコが0.75ペンス高、携帯大手のボーダフォンも0.60ペンス高だった。
| 日記

〔米株式〕

〔米株式〕
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070501-00000011-jij-brf

時事通信


 個別銘柄では、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)が2.3%高。好決算を見越した買いににぎわった。キャタピラーやボーイング、インテルは軟調。ベライゾン・コミュニケーションズは高い。減益決算だったものの、中核事業の携帯電話部門の堅調な業績が好感された。シティグループは上伸。投資ファンドが事業分割を視野に同社買収を仕掛ける可能性があると報じられたことが買い材料となった。
| 日記

「為替」 低調なコアPCE受けた米利下げ観測にドル軟化119.76円⇒119.31円/ニューヨーク外国為替市場概況

「為替」 低調なコアPCE受けた米利下げ観測にドル軟化119.76円⇒119.31円/ニューヨーク外国為替市場概況
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070501-00000002-fis-brf

フィスコ


「低調なコアPCE受けた米利下げ観測にドル軟化119.76円⇒119.31円」ニューヨーク
外為市場概況 2007年5月1日(火曜日)−株式会社フィスコ 平松京子/片山 善博

[ニューヨーク外国為替市場概況]
*06:27JST 「低調なコアPCE受けた米利下げ観測にドル軟化119.76円⇒119.31円」
【ロンドン市場概況】
 30日のロンドン外為市場では、一時ドルの買い戻しが先行し、ドル・円は119円56
銭から119円76銭まで強含みとなり、ユーロ・円も162円48銭から162円87銭まで上昇
した。ユーロ・ドルは1.3605ドルから1.3589ドルまで下落、ポンド・ドルは1.9935
ドルから1.9891ドルまで下落し、ドル・スイスは1.2078フランから1.2105フランま
で上昇した。
 ドル買い一巡後、英消費者信頼感指数の改善を受けたポンド買いをきっかけにド
ル売りが優勢になり、ドル・円は119円57銭に反落、ユーロ・ドルは1.3619ドルまで
上昇、ポンド・ドルは1.9947ドルまで上昇、ドル・スイスは1.2083フランに反落し
た。
【経済指標】
独・3月小売売上高:前月比-0.7%、前年比+0.5%(予想+0.8%、-0.3%、2月
+0.9%、-1.6%)
ユーロ圏・3月マネーサプライM3:前年比+10.9%(予想+9.8%、2月+10.0%)
ユーロ圏・4月消費者信頼感指数:-4(予想-4、3月-4)
ユーロ圏・4月業況感指数:1.61(予想1.60、3月1.54)
ユーロ圏・4月消費者物価指数速報:前年比+1.8%(予想+1.8%、3月+1.9%)
英・4月GFK消費者信頼感指数:-6(予想-8、3月-8)
【要人発言】
特になし
【ニューヨーク市場寄付】
ドル・円:119円73銭、ユーロ・ドル:1.3612ドル、ユーロ・円:162円92銭、ポン
ド・ドル:1.9931ドル、ドル・スイス:1.2095フラン
【ニューヨーク市場概況】
 30日のニューヨーク外為市場では、ドル・円は3月コアPCE価格指数の低下や予想

を下回る4月シカゴPMIを受けた米債券利回り低下に伴うドル売りに119円74銭から
119円31銭まで下落し、119円50銭前後で取引を終えた。
ユーロ・ドルは米金利低下や月末需要を受けた買いに1.3603ドルから1.3679ドルま
で上昇したが、ユーロ導入来の最高値(1.3683ドル)を突破出来ずに1.3650ドル前
後にやや軟化して引けた。ユーロ・円はショートカバーに162円75銭から163円21銭
まで上昇。ポンド・ドルは1.9927ドルから2.0032ドルまで上昇し、ドル・スイスは
1.2099フランから1.2041フランまで下落した。
【FF先物米金利変更織り込み率】
6月までの利下げ確率:8%で変わらず
9月までの利下げ確率:36%←26%
年内の利下げ確率:100%←90%
【原油市場】
原油相場は反落。ガソリン在庫が11週連続の取り崩しによって05年10月以来の最低
水準に落ち込んでおり、夏場の供給懸念からガソリン先物価格が約9ヶ月ぶりの高値
まで続騰したことに連れて一時年初来高値66.70ドル目前まで上昇。しかし、強い戻
り売りをこなせなかった影響から取引終了にかけて反落する展開となった。NY原油
先物価格は66.60ドルまで上昇後に反落し、65.71ドル(先週末比-0.75ドル、-
1.1%)で取引を終えた。
【株式市場概況】
NY株式市場は下落。3月個人消費支出が予想を下回ったことで、個人消費の落ち込
みに対する警戒感から上値の重い展開となった。また4月シカゴ購買部協会指数が前
月を下回る52.9に低下したことも嫌気された。セクター別では、家庭用品・パーソ
ナル用品や電気通信サービスが上昇した一方、不動産や小売が軟調。メリルリンチ
(MER)が60億ドルの自社株買い設定を発表して堅調に推移。電子取引大手のインター
ナショナル・セキュリティ・エクスチェンジ(ISE)がドイツ取引所から総額28億ドル
での買収提案を受けて46%の急騰となったほか、住宅ローンのアメリカン・ホー
ム・モーゲージ(AHM)は減益ながら予想を上回る決算を発表して4%高。一方で冴え
ない決算を発表したヒルトン・ホテルズ(HLT)が下落。また先週急騰したアマゾン
(AMZN)も利益確定の売りに押された。ダウ構成銘柄では、アメリカ・エキスプレス
(AXP)やインテル(INTC)が約2%の下落となった。結局ダウは58.03ドル安の
13062.91、ナスダックは32.12ポイント安の2525.09で取引を終了。4月の月間上昇率
はダウ平均5.7%、S&P500指数4.3%と稀に見る高パフォーマンスとなった。
【通貨オプション】
 オプション市場では、調整色が強まり、1週間物変動率は、7.725%から7.175%へ
低下、1ヶ月物は7.150%から7.250%、3ヶ月物は7.050%から7.175%、6ヶ月物は
7.050%から7.075%、1年物は6.975%から7.050%へそれぞれ上昇した。
リスクリバーサルでは、動意乏しく、25デルタ円コール・ドルプット1ヶ月物は
+1.500%、3ヶ月物は+1.500%、6ヶ月物は+1.575%でそれぞれ先週末を同水準とな
っている。
【経済指標】
米・3月個人所得:前月比+0.7%(予想+0.6%、2月+0.7%←+0.6%)
米・3月個人支出:前月比+0.3%(予想+0.5%、2月+0.7%←+0.6%)
米・3月コアPCE:前月比±0%(予想+0.1%、2月+0.3%)、前年比+2.1%(予想
+2.2%、2月+2.4%)
米・4月シカゴ購買部協会景気指数(PMI):52.9(予想54.5、3月61.7)
米・3月建設支出:前月比+0.2%(予想+0.4%、2月+1.5%←+0.3%)
加・2月GDP:前月比+0.4%(予想+0.2%、1月+0.1%)
【要人発言】
イエレン米サンフランシスコ連銀総裁
「米経済が下振れする可能性があり、その影響は世界に波及しかねない」
「米経済成長には下振れリスクがあると思う。ただ、そうしたリスクにも関わら
ず、米経済が勢いを回復し、今年末までにトレンドの成長率に戻る可能性は高い、
と考えている」
「インフレ水準がやや高いことを考えると、潜在成長率を下回る状況が続いている
ことは、インフレ圧力の後退につながる」
リープシャー・オーストリア中銀総裁
「ユーロの上昇は、金融政策決定において重要な要因」
「ユーロ圏の07年前半の強い経済に自信」
「本年後半に関して言及するには時期尚早」
「価格圧力が上方する兆候が見られる」
尾身財務相
「日本の景気は堅調に回復」
「ブルトン仏経済財務産業相と共に、相場は市場が決定、通貨はファンダメンタル
ズを反映すべきとの意見で合意」
【東京市場終値-ニューヨーク市場終値】
為替市場: (始値) (高値) (安値) (終値)
ドル・円 119.57 119.76 119.31 119.52
ユーロ・ドル 1.3604 1.3679 1.3589 1.3648
ユーロ・円 162.58 163.15 162.48 163.06
ドル・スイス 1.2079 1.2105 1.2041 1.2072
ポンド・ドル 1.9935 2.0032 1.9892 1.9996
株式市場:
NYダウ 13120.21 13162.06 13061.53 13062.91
ナスダック 2557.55 2558.75 2525.09 2525.09
債券市場: (始値) (終値)
米国債 2年物 4.649 4.595
米国債10年物 4.692 4.624
米国債30年物 4.881 4.814
先物市場:
NY金先物 681.7 684.2 680.0 683.5
NY原油先物 66.50 66.60 65.60 65.71
シカゴ日経平均先物 17415 17445 17310 17315
| 日記

円、119円台半ば〔NY外為〕(30日)

円、119円台半ば〔NY外為〕(30日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070501-00000013-jij-brf

時事通信


 【ニューヨーク30日時事】週明け30日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、大型連休に入った日本が休場のため閑散取引となる中、米景気減速を示す経済指標を眺めてドルが弱含み、小幅ながら上伸した。午後5時現在は、1ドル=119円48―58銭で、前週末同時刻(119円56―66銭)比8銭の円高・ドル安。
 一方、ユーロの対ドル相場は、欧州金利の先高感もあって、一時1ユーロ=1.3679ドルまで買い進まれ、27日につけた史上最高値(1.3683ドル)に迫った。
 米商務省が朝方発表した3月の個人消費支出は前月比0.3%増と半年ぶりの低い伸びとなった。また、インフレ指標として注目度の高い、食料品とエネルギーを除いたコア個人消費支出物価指数は前月比横ばいでインフレ懸念が後退した。
 さらに、シカゴ購買部協会が公表した4月の景況感指数は前月の61.7から52.9へと急降下。3月の米建設支出も前月比0.2%増と伸び率が限定的でいずれもドル売り材料になった。
 週末4日には4月の米雇用統計発表を控えるが、市場関係者は「今週は日本だけでなく他のアジア市場も(レーバーデーで)休場となる日があり、静かな取引が続きそうだ」(邦銀)と話している。
 ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.3642―3652ドル(前週末午後5時は1.3648―3658ドル)、対円では同163円02―12銭(同163円24―34銭)。
| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。